【ホラー】怪談千夜2【小説】

怪談千夜2~かいだんせんや2~

前作「怪談千夜」に引き続き、実際に経験した不思議な出来事、奇怪な出来事を集めに集めた99話。
現代の百物語となるホラー怪談小説の第2巻が発売となりました。

知人友人・著者の体験談。
そして今回は、メールなどから応募してくださった方からの取材で集めた話を集めた99話の怪談が詰め込まれています。

「友だちの友だちから聞いた……」という、遠い話ではない、実際にあった99の物語。

電子版だけではなく、紙書籍としても手にとって頂けるよう規定枚数ギリギリのボリュームでお届けします。

詳細情報

価格:電子/422円(税込み) 紙本/1512円(税込み:送料別途)

配信サイト

サンプル

各書店に、数ページですが中身が立ち読みできるサービスがあります。

また、小説家になろうにて、怪談千夜2に含まれる怖い話の投稿をしております。

【小説家になろうサンプルページ】

加筆修正しているため、書籍とは若干の違いはありますが、「とりあえずどんな内容かちょっとでも見てみたい……」と思われる方はぜひ、ご覧ください。

宣伝動画も

紙書籍も

Bccksでは、電子版の他に紙書籍でのお渡しも可能となっています。


怪談千夜2~かいだんせんや2~』 川島千夜著

1512円(税込み)とお高いのですが、前回同様かなりのボリュームとなっております。

怪談千夜2紙本

紙は紙ならではの良さがあり、本棚に「いつでも取り出せる恐怖」があるのもまたオツなところ。

そう。

この話は「身近」な話であること。

そして「実際に起こった」という話であること。

この二つが最も大切なところなのです。

魂魄を震わせるためにも、ぜひ、本棚に1冊のホラーを……。

こぼれ話

前作「怪談千夜」を発表したのが2016年。

そこから3年越しの第二作となってしまいましたが、まず1年目にして好評であることに気がつき。

2年目に99話の話を集め。

3年目にしてようやく形になる。

意外と大変なのがこのような「短編を集めた1冊」だったんだなと。

もちろん、例の如く「怖い話」を書いていると不可思議な妨害に遭う私。

今回も原因を突き止めることができない……いや、突き止めてはいけないような不可思議な出来事で、やや手間取りましたが、このように無事発売にまで至ることができました。

え?

どんな不可思議な出来事が起こったのか?

それは……怪談千夜2のいちば~ん最後の話に書かせていただいてます。

ぜひ、その話を知るためにも「1話目から」ゆっくりと読んでいってください。
きっと99日でその話にたどり着けるでしょう。

ええ、もちろん間違いなく99話です。

なにせ、100話目を知ると……あなたの元にも怪奇な出来事がーーーーー

関連記事一覧

  1. 愛と霊のアイキャッチ
  2. トワイライトの謎メイン画像

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP