日本語
書くことから描くことまで

【小説紹介】怪談千夜2

ホラー・怪談小説『怪談千夜2』

怪談千夜2

タイトル:怪談千夜2

装丁:望月いづみ

ジャンル:怪談 ホラー 現代 短編集

レーベル:千夜出版

価格:(電子配信版)税込429円 (紙書籍)税込1540円

あらすじ

実際に経験した不思議な出来事、奇怪な出来事を集めに集めた99話の怪談集。
現代の百物語となるホラー怪談の続編がここに!

怪奇現象にまつわる話から、夢や未確認飛行物体、さらには実際に何かを見・聞きする事ができる人たちからのリアルな話を閉じ込めたこの本は、制限ギリギリの大ボリューム。

あなたの知る百話目の話を加えたその時、未だかつてない恐怖が……。

配信サイト

bccks(電子/紙本)

AMAZON Kindle(電子)

楽天Kobo(電子)

BOOK☆WALKER(電子)

booklive(電子)

iBooks(電子)

紀伊國屋書店(電子)

ebookjapan(電子)

ブックパス(電子)

7.net(電子)

DMM電子書籍(電子

Reader store(電子)

各店舗では試し読み等が可能となっております。
すでにご利用の、お使いやすい電子書籍配信サイトをご利用ください。

作成秘話

前作『怪談千夜』にかなりの好評をいただき、「私もこんな話があって」「俺もこんな体験したよ!!」と、さらなる怪談が私の手元に来ることとなってしまいました。

不思議なことに、前回怪談千夜を執筆中に恐怖とも思える出来事が起こったのですが、今回も説明のつかない不思議な出来事が……。

また、近作中にはUFO、つまり未確認飛行物体のお話についても記載しています。

UFOと思わしきものを見ている人の共通点とは?

実は筆者の身近な人もUFOを……!?

ごくごく当たり前の日々に潜む、小さな闇を、あなたのお手元にお届けします……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です